温泉と観光の principle を追及する純民間の調査研究・コンサルティング会社です

 

 
   
 

トップページに戻る

 

ゆう出量は、自噴733,740リットル/分と動力1,896,687リットル/分の合計です。自然ゆう出量の割合は27.9 %で、ほとんどが動力揚湯によるものです。自噴には掘削した温泉も含まれています。
*環境省自然環境局・ 平成26年度データ(平成27年3月末現在/平成28年3月発表)より当所が作成。

 
   

1位の大分の湯量は、一般的な家庭用浴槽(250リットル見当)で計算すると、1分間で約1,116世帯の浴槽を満杯にすることができます。

利用泉源数の減少ととみに、ゆう出量も2007年度をピークに減少傾向が続いています。

 

*環境省自然環境局・ 平成26年度データ(平成27年3月末現在/平成28年3月発表)より当所が作成。

 

日本温泉総合研究所